キャッシュレス決済 結局どれが一番使いやすくてお得なのか?増税を賢く回避せよ

10月1日からの増税をきっかけに、キャッシュレス決済を使い始めた方、あるいは興味を持った方、多いのではないでしょうか。

今まで8%だった消費税が10%に変わることは、生活に大きく影響します。そんな中、キャッシュレスを使えば、増税前と同じかそれより安く買い物ができる場合もあります。

増税を賢く回避したい、そして、せっかくキャッシュレスデビューをするなら、簡単で使いやすくて、お得なものを使いたいですよね。

簡単・使いやすいキャッシュレスはどれか

代表的なキャッシュレス決済は以下の通りです。
大きくわけて2種類があります。(後払いと前払い)

クレジットカードを登録しておいて、支払いできるタイプ(後払い)
・PayPay
・楽天ペイ
・ORIGAMI Pay
・d払い
・QUICPay
※ORIGAMI Payはデビットカードと銀行引き落としに対応しているので、即時払いタイプでもある。

事前にチャージしておいて、支払いできるタイプ(前払い)
・モバイルSuica、Suica
・nanaco
・WAON
・楽天Edy
・iD
・LINE Pay
・FamiPay
・Kyash

前払いだと常にチャージしておいた残高を気にする必要があります。キャッシュレスを始めて、お店のレジでスマホを出してみたはいいものの、残高不足で商品が買えないということも起こり得ますので注意が必要です。また、そうなってしまった時に、その場のレジでチャージしてから商品を購入することも可能ではりますが、自分の後ろに会計待ちの列ができていると、他の人をより長い時間待たせることになってしまいます。若干気まずく感じるかもしれません。

筆者はそこが心配で、後払いタイプ(クレジットカード払い)を利用しており、非常に快適に感じております。そのため、後払いタイプをおすすめしたいと思います。

さて、筆者は後払いタイプのキャッシュレス全てに登録し、使い勝手をチェックしてみましたが、どれもほとんど同じような使い勝手でした。

キャッシュレス利用手順(後払いタイプ)
・アプリをダウンロード
・事前にクレジットカードを登録
・バーコードまたはQRコードで決済

使い勝手としては、どれを使ってもほとんど変わりありません。そのため、どれか一つを利用するのでもあまり問題はないのですが、キャッシュレスの最大の恩恵を受けるためには、どれか一つだけを利用するのではなく、後述するキャンペーンに合わせてそれぞれ使い分ける方が良いです。

キャッシュレスキャンペーン

※キャンペーン内容はキャッシュレス決済サービス提供各社により予告なく変更されることがあります。実際に利用される前に、ご自身で直接HPを確認して下さい。可能な限り正確な情報提供に努めますが、当サイトは一切の責任を負いません。

それではさっそく最近多くのキャンペーンを出してきているd払いから見てみましょう。

2019年10月14日までd払いなら20%ポイントが還元されます。
1決済あたり上限1,000ポイント
期間中の上限は3,000ポイント
注意:事前にキャンペーンに申し込みが必要
街中でd払いすれば、20%還元キャンペーンに加え、さらに7%ポイントが還元されます。
注意:事前にキャンペーンに申し込みが必要
2019年10月14日まで
金・土にd払い対象サイトでお買い物すると+2%
同月内の金・土曜日に3サイト以上お買い物すると+3%
最大25%相当還元されます。
注意:事前にキャンペーンに申し込みが必要
2019年10月14日まで
金・土にネットでd払いでお買い物をすればポイント3倍、最大6倍
注意:事前にキャンペーンに申し込みが必要

続いては、楽天ペイのキャンペーンを見てみましょう。

楽天ペイは2019年12月2日09:59まで5%還元キャンペーンを行っています。
ポイントで支払った分ですら還元対象というのがすごいところです。
注意:事前にキャンペーンに申し込みが必要
還元ポイント上限がありますのでご注意下さい。
楽天カードを楽天ペイに登録して支払うと6%還元されます。
PayPayならもっとおトク! 消費者還元事業から5%※1 PayPayから最大5%※2 合計最大10%※3戻ってくる!
このポスターが貼ってある消費者還元事業登録店舗でPayPayで支払いすると、5%還元されます。
PayPayにヤフーカードを登録して支払いをするとさらに5%還元され、合計で10%還元されます。
キャンペーンは2019年11月30日23:59まで
ユニクロ×PayPay PayPayでヒートテックを1枚買うともう1枚無料!
UNIQLOでヒートテックインナー2枚をレジに持参して専用クーポンを使うと、1枚分が無料になります。ユニクロアプリとPayPayアプリの両方が必要です。一部対象外の店舗あり

各社のキャンペーンを見ると、10月14日まではd払いで支払いすれば、最も高いポイント還元を受けることができます。楽天ペイとPayPayはあまり変わらないですね。楽天ペイの場合は楽天カードを持っていれば6%還元を受けられ、PayPayの場合はヤフーカードを持っていれば10%還元が受けられるので、どのクレジットカードを使うかでお得度が変わります。

いかがでしたか?どのキャッシュレスアプリも使い勝手は同じようなものですので、どれか一つに絞って利用するのではなく、キャンペーンに合わせてキャッシュレスアプリを使い分けることで、お得に買い物ができることがわかると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA