【JAL/ANA 遅延・欠航】台風・大雪などで欠航になった場合の対応方法

台風での遅延・欠航

大雪での遅延・欠航

こんにちは。

楽しみにしていた旅行の前に限って、台風や大雨、大雪などで飛行機が欠航するなんてことがよくあります。台風が来ている時に進路図を見ていると「自分の旅行には影響ないだろうか」とハラハラしますよね。また、空港周辺で大雪が降ったりすると、公共交通機関も遅延・運休することがありますので、そもそも空港まで行くのが大変ですね。

さて、台風や大雪は自然の現象ですのでどうにもなりませんし、万が一フライトが欠航になってしまった時は運が悪かったと思って、何かしらの手続きや行動をしなければなりません。

今回は、JAL/ANAのフライトが欠航になってしまったときにどうすれば良いかをお伝えしていきたいと思います。

 

航空会社の基本的な方針

JAL・ANAともにフライトが欠航になった時は次のような対応策をとります。

  • 航空会社側の原因によって遅延・欠航の場合(例:機材繰り、メンテナンス発生など)
    • 航空会社が別便への予約変更 または 宿泊手配 など をしてくれる
  • 天候など、航空会社側が原因ではない遅延・欠航の場合(例:台風・大雨・強風・大雪など)
    • 航空会社は遅延・欠航の責任を負わない→旅客自身で別便の手配や宿泊手配をする

つまり、天候が関係した遅延・欠航の場合は、航空会社は責任をとってくれません。旅客自身で他のフライトのチケットを買ったり、宿泊手配をする必要がでてきてしまい、余計な支出が増えてしまうのです。

 

諦めるのはまだ早い

天候が原因の場合、航空会社が基本的に責任をとらないのはお分かり頂けたかと思いますが、諦めるのはまだ早いです。ご自身で別のチケットを買ったり宿泊手配をしたりする前に、必ず一度はチェックインカウンターに行って航空会社がどのような対応をするか聞きましょう。これはあくまで航空会社側の任意(善意)による対応の場合のお話ですが、本来は天候が原因となる遅延・欠航では航空会社は別便への変更や宿泊手配をしてくれませんが、状況を鑑みて対応してくれる場合があります。

 

航空会社が対応してくれない場合

天候が原因の遅延・欠航では、航空会社は断る権利をもっていますから、本当に断られてしまった場合は次のいずれかのアクションに移る必要があります。

  • 別のフライトのチケットを買う(ただしそのフライトが欠航していないことを確認した上で)
  • 宿泊手配をする
  • 旅行を取りやめる(キャンセルする)

 

どこで航空券を買ったかによって、手続き先が異なる

 

  • 航空会社のHPなどで直接チケットを買った場合
    • 払い戻しなどは航空会社に手続きを依頼しましょう。
    • 宿泊手配をする場合は、費用は旅客負担でも、宿泊手配を手伝ってくれることもあります。(断られた場合はご自身で直接宿泊手配をする)
  • 旅行会社でチケットを買った場合
    • 払い戻しやフライト変更などは旅行会社に電話するなどして手続きを依頼しましょう。(旅行会社で買ったチケットを、航空会社側では変更手続きができないことがあるため)
    • 宿泊については費用は旅客負担でも、航空会社が手配を手伝ってくれることもあります。しかし、断られた場合は旅行会社に宿泊手配を依頼するか、ご自身で宿泊手配をすることになります。
    • 旅行会社が営業時間外で電話がつながらない場合などは、航空会社にどのようにしたらいいか聞きましょう。

 

せっかくのご旅行の日に台風が来たり、大雪が降ったりして旅行の予定が狂ってしまうのは大変残念ですが、状況を読みながら適切に行動しましょう。

引き続き皆様のお役に立てる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA