JAL国際線 手荷物の個数・重さ・サイズの制限を出発前にチェックしよう

JAL国際線 手荷物の個数・重さ・サイズのルールを出発前にチェックしよう

 

こんにちは。

出発前に荷物をまとめていると、気になることがあると思います。それは、当日空港でチェックインする時に手荷物の重さやサイズが規定内に収まっているかどうかです。もし重さやサイズが規定をオーバーすると、高額な超過料金を取られてしまうことがあります。

例えばJALで成田からホノルル行きのフライトでエコノミークラスを予約していたとします。受託手荷物のルールを知らずに30Kgの重さのスーツケースを持って行ったら重量超過で1万円も取られてしまいます。しかも日本を出発する時点で重量を超過していたら、現地ホノルルから日本に帰国するときは荷物を軽くしてこないとまた超過料金がかかってしまいます。こうなると重量を気にするあまりお土産も満足に買えないかもしれないですね。従って受託手荷物ルールをあらかじめ知っておくことがとても重要になります。

(2018年6月27日時点の情報)

JAL国際線 エコノミークラスの手荷物の個数・重さ・サイズ

個数 2個まで
重さ 1つあたり23Kg以内
サイズ 縦・横・高さの合計が203cm以内
(キャスターと持ち手を含む)

JAL国際線 プレミアムエコノミークラスの手荷物の個数・重さ・サイズ

※エコノミークラスと変わりありません。

個数 2個まで
重さ 1つあたり23Kg以内
サイズ 縦・横・高さの合計が203cm以内
(キャスターと持ち手を含む)

JAL国際線 ビジネスクラスの手荷物の個数・重さ・サイズ

個数 3個まで
重さ 1つあたり32Kg以内
サイズ 縦・横・高さの合計が203cm以内
(キャスターと持ち手を含む)

JAL国際線 ファーストクラスの手荷物の個数・重さ・サイズ

※ビジネスクラスと変わりありません。

個数 3個まで
重さ 1つあたり32Kg以内
サイズ 縦・横・高さの合計が203cm以内
(キャスターと持ち手を含む)

JAL国際線 超過手荷物料金

中には超過手荷物料金が取られることを承知の上、少し荷物を多めに持っていく人もいるかもしれません。念のために、超過手荷物料金も載せておきます。(2017年8月5日時点の情報)

 

日本⇔ハワイ・北中南米・ヨーロッパ・中東・アフリカ

個数超過(1個当たり) 日本発時: 20,000円 海外発時: 200USD/200CAD
重量超過(1個当たり) 23㎏超~32㎏以下 日本発時: 10,000円 海外発時: 100USD/100CAD
32㎏超~45㎏以下 日本発時: 60,000円 海外発時: 600USD/600CAD
サイズ超過 203cm超 日本発時: 20,000円 海外発時: 200USD/200CAD

 

日本⇔アジア・グアム・オセアニア

個数超過(1個当たり) 日本発時: 10,000円 海外発時: 100USD/100CAD
重量超過(1個当たり) 23㎏超~32㎏以下:日本発時: 6,000円 海外発時: 60USD/60CAD
32㎏超~45㎏以下:日本発時: 30,000円 海外発時: 300USD/300CAD
サイズ超過 203cm超 日本発時: 10,000円 海外発時: 100USD/100CAD

JAL国際線から国内線への乗り継ぎがある場合の国内線超過手荷物料金

※国際線と国内線を同時に(通しで)予約&発券している場合のお話です。(国際線と国内線を別々に買っている場合は国際線と国内線はそれぞれ手荷物ルールが別々になります)

個数超過(1個当たり) 5,000円(50USD)
重量超過(1個当たり) 23㎏超~32㎏以下:1,000円(10USD)
32㎏超~45㎏以下:15,000円(150USD)
サイズ超過 203cm超:5,000円(50USD)

↑上記価格に別途税金がかかるようです。

あまりに荷物が多い・重い・大きすぎると預けられないことがある

こちらのページの「超過手荷物に関するご注意」というところに詳細が載っています。荷物が多すたり、重すぎたり、大きすぎると預けられないことがありますので、注意しましょう。

あまりに荷物が多い、重い、大きい場合は預けられないことがある

画像はJAL HPより引用

路線によっては手荷物が32Kgを超えると預けられない

ロンドン線、パリ線、ヘルシンキ線、ドバイ線、オーストラリア線

“原則として1個当たりの重量が32㎏(70ポンド)を超えるお荷物はお受けできません。あらかじめ分割して梱包いただきますようお願い申し上げます。”

ソウル(金浦)空港出発便

“空港施設の制限により200cm×90cm×90cmを超えるお荷物はお受けできません。”

こちらのページから引用

出発前に再チェックしよう

  • 搭乗するクラスによって受託手荷物ルールが異なります。
  • 手荷物の個数は大丈夫ですか?エコノミーとプレエコは2つまで、ビジネス・ファーストは3つまでです。
  • 手荷物の重さは大丈夫ですか?エコノミーとプレエコは1つあたり23Kgまで、ビジネス・ファーストは1つあたり32Kgまでです。手荷物が32Kgを超えている場合、ロンドン線、パリ線、ヘルシンキ線、ドバイ線、オーストラリア線ではたとえ超過料金を支払っても手荷物は預けられません。
  • 手荷物のサイズは大丈夫ですか?どのクラスであっても縦・横・高さの合計が203cm以内である必要があります。(サイズはキャスターと持ち手を含めます)

 

引き続き、皆様が快適に旅行できるように情報提供してまいります。

JAL国際線 手荷物の個数・重さ・サイズの制限を出発前にチェックしよう」への2件のフィードバック

    1. 食料品の機内への持ち込みはいくつか制限があります。
      まず、液体物制限にご注意下さい。詳細はこちら
      また持ち込んだ食料品は、原則的には(機内で提供される機内食同様)機内で食べきる必要があります。食料品を持った状態での入国は、各国の制限にひっかかる可能性があるためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA