JAL 2020年度から国際線大幅拡大

2019年11月19日
日本航空(JAL)は、2020年度夏期ダイヤ(2020年3月29日~)より、羽田からの国際線ネットワークを大幅拡充を決定しました。

羽田発着の昼間時間帯は米国、フィンランド、ロシア、オーストラリア、インド、中国の各都市へ路線を新規開設・増便することになります。また、これによって現在一日22便から34便に運航便が増えます。

HND.png

成田発着はサンフランシスコ、ウラジオストク、ベンガルール(バンガロール)線の開設が予定されています。シカゴ線に関しては、2021年2月から北米-アジア間でご利用しやすい成田夕方発着便が新たに設定されます。また、ZIPAIRによるバンコク、ソウル(仁川)線の開設をすでに発表されています。

NRT_r.png

路線ネットワークが増えて、安心のJAL便でさらに多くの場所に旅行にいけるようになるのは嬉しいですね。

皆様楽しいご旅行をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA