JAL 氏名変更 名前間違い どうすればいい?

【JAL/ANA 国際線】航空券の氏名変更はどうすればいい?

航空券を予約した後、氏名を変更したい時がありますね。例えば、名前のスペルを間違って予約してしまったり、結婚して名字が変わったりした場合などで、本人の名前を訂正する必要がある時です。航空会社は基本的に氏名の変更を認めていませんが、これらの場合は別人への変更ではありませんので、事情を説明すれば対応してくれることがあります。一方、家族で別の人が旅行に行くことになったなどの理由での別人への氏名変更は、基本的に航空会社は対応してくれません。

ちなみに、氏名がパスポートと一致していない状態で空港のチェックインカウンターに行った場合、搭乗を断られてしまいます。もしパスポートと予約上の氏名が違うことに気づいたら、できるだけ速やかに、下記の情報を参考に動く必要があります。

原則として氏名変更は不可だが・・・

基本的に航空券の氏名変更はできませんが、いくつかトライできることがあります。

航空券購入前(発券前)の場合

  • 現在の予約をキャンセルした後、新たな予約を取り直す(キャンセル&リブック)
    →この方法には、2つ注意点があります。

    1. 航空券の料金が変わるか、取り直しできなくなる可能性がある
    2. (他航空会社へ乗り継ぎが同じ旅程に含まれる場合)乗り継ぎ先の航空会社の予約がとれなくなる可能性がある
  • コールセンターに電話し、(ダメ元で)事情を説明して予約上の氏名変更をしてもらう
    →断られる可能性もありますが、事情を説明してトライしてみる価値はあります。
    →(他航空会社へ乗り継ぎが同じ旅程に含まれる場合)乗り継ぎ先の航空会社が氏名変更を認めてくれず、結局キャンセル&リブックになる場合がある

筆者はスペルミスして氏名変更が必要になった場合は、まずは予約の取り直しを試みます。取り直しができそうなら、現在の予約をキャンセルして、新しく予約を取り直します。GWやお盆、年末年始などの混み合う期間の予約は取り直しできないことがあります。取り直しできない場合はコールセンターに電話して、事情を説明し、氏名変更の交渉をします。

航空券購入後(発券後)の場合

  • 購入済みの航空券を払い戻して、予約もキャンセルする。その後、新たな航空券を予約・発券する(キャンセル&リブック)
    →この方法には注意点が2つあります。

    1. 現在の航空券を払い戻す際に、払い戻し手数料がかかる場合がある(航空券の種類によって払い戻し手数料は変わる)
    2. 再度予約する際に、航空券の料金が変わるか、取り直しできなくなる可能性がある
  • コールセンターに電話し、(ダメ元で)事情を説明して再発券してもらう
    →断られる可能性もありますが、現在の航空券を払い戻した上で予約上の氏名を訂正変更、その後再発券してもらうことができる場合があります。ただし、注意点が2つあります。

    1. 現在の航空券を払い戻す際に、払い戻し手数料がかかる場合がある(航空券の種類によって払い戻し手数料は変わる)
    2. 新たな航空券を発券する際に、発券手数料がかかる場合がある(2018/5/5現在、JAL/ANAともに発券手数料は5,400円)
    3. (他航空会社へ乗り継ぎが同じ旅程に含まれる場合)乗り継ぎ先の航空会社が氏名変更を認めてくれず、結局キャンセル&リブックになる場合がある

GWも中盤に差し掛かりました。皆様楽しいご旅行をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA